光の日記

今、やりたいことだけを好きなように

絵の練習(4) 160819

 

今日はりんごを描いた。

 

f:id:irohas2l:20160819133008j:plain

題「#004 りんご」 作業時間:1時間5分

 

丸いものシリーズ。二つ目はりんご

近所のスーパーに買いに行ったのだけど最初のスーパーは198円だった。

次に八百屋に行ったら3個で300円。

もうちょっと安く売ってないかと別のスーパーに行ったら、なんと98円のりんごを見つけた!

最初のスーパーより100円も安いじゃん!

デッサン用に購入するので、味はどうでもいい。となれば安いに越したことはないだろう。98円のりんごを買った。

 

りんごも形が丸い。わかりやすい形だ。あまり時間はかからなかった(当自比)。

今思えば、二回目にデッサンしたギャツビーボディーシートってすごい難しい題材だったのではないかと。

 

りんご感を出すために線を縦に描いた。濃い部分と薄い部分を意識した。

あと、りんごって色素が薄い斑点みたいのがちょこちょこ、ついているんですね。そこはぬり消しでポンポンした。

光の反射もぬり消しで作った。この光の反射がりんご感をさらに増す要素となったと思う。ちょっと大げさに反射させた。

 

反省としては立体感が足りないような気がする。

りんご自体の色の濃さに加えてりんごの影の部分もえんぴつの濃さで表現すべきだったのではと思う。うん。でもいまいち、この絵でりんご自体の影を表現する方法が思いつかない。

4Bくらいの鉛筆でりんごの左下部分を斜めにシャッシャッってしたら影ができたかも。

わからん。。。

 

今、参考書見たけど普通に他の部分より濃く描けばいいのかもしれない。

あと、床の部分から反射する光、反射光ってやつを描いていなかった。

デッサン奥深し!

 

個人的に

全体の形→部分の形→対象物の色→光の表現

って感じの順番で描いている。

この描き順がいいんじゃないかなあと思っているけど、どうなんでしょう。

 

そんな感じっ

 

鉛筆デッサンの基本 (入門シリーズ)

鉛筆デッサンの基本 (入門シリーズ)

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

irohas2l.hatenablog.com

 

 

irohas2l.hatenablog.com

 

 

最初

irohas2l.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする